入れにくい駐車場の車庫入れ、高速教習をお願いしました。


【1日目】
30年近く前に免許を取りましたが、たまにしか運転しませんでした。最後に運転してから10年位経つと思います。通勤と50km程離れた奈良吉野へ帰省のため車を購入しました。
駐車場を借りる時に「ここは入れにくいですよ!」と言われていましたが、近くに空駐車場がなく、以前乗っていた軽自動車の感覚でなんとかなるだろうと思ってました。車が納車され駐車場に入れようとしましたが、左、右、前と狭く、1人ではムリ!と思い、すぐにインターネットで調べて「あさひドライビングスクール」をみつけました。ちょうどその日に空があったので「お試しコース」で夜に来てもらいました。
松本先生に「これは難しい」と言われました。10年ぶりの運転、それも見えにくくて苦手の夜、松本先生は私以上に怖かったと思います。
何度も車庫入れをしましたが、元々鈍い私は、なかなかうまく入れられませんでした。松本先生もまだまだ不安のようで、3日間の短期コースを申し込みました。
次の教習では、再度みっちりと車庫入れを教えていただき、1人で入れれるようになりました。2回目の教習では狭い道、急カーブの道、路面電車が走る道など変化にとんだコースで車線変更もきっちりと教えていただきました。
最終回は、車で帰省できるよう、阪神高速-西名阪-名阪国道を通って「針インター」まで、往復約80kmの教習をお願いしました。
初めて使うETC、高速道をハンドル握るだけで精一杯でしたが、標識や案内板をきちんと見るように言われました。
合流の練習のため、サービスエリアごとに入りました。
車線変更のタイミングや車間距離もわかりやすく指導していただきました。
帰りの名阪国道の下りカーブは怖いと思っていましたが、スムーズに運転できて、気がつけばもう天理まで返ってました。
約3時間の教習でしたが、あっという間の時間でした。
春、桜の頃に車で帰省するのが楽しみです。
ありがとうございました。

【2日目】
ペーパードライバー歴10年、それも小型の軽自動車しか運転したことがありませんでした。もう一生運転することはないだろうと思ってました。
ところが夫が病気になり、夫のステーションワゴン(ニッサン・ラフェスタ)を何とか運転しなければ、と思い、ネットで「ペーパードライバー教習」を探し電話をしました。受付の方は親切に説明してくださり、たまたま翌日が空いていたので3回コースを申し込みました。
松本先生の第一印象はやさしくて、誠実そうな人でした。
最初に座席の合わせ方、ミラーの合わせ方、ハンドルの握り方など基本中の基本を教えていただきました。アクセル、ブレーキの踏み方など、教習所では当時マニュアル車だったので、オートマ車の教習は目からウロコでした。
路上では信号や標識の味方、交差点での注意など、きちんと説明してくださいました。車庫入れも自宅や私の苦手なスーパーで、出来るまで何度も指導してくださいました。2回目の教習のあとは、1人で夫が入院中の病院の駐車場に停めることが出来、たいへんうれしかったです。
3回目の教習でステーションワゴンの運転に自信がつきました。
しかし、夫は私の運転で出かけることなく他界しましたが、教えていただいた安全運転、運転技術を忘れないよう、時々運転しています。
運転することで、行動範囲が広がりました。
松本先生に感謝しています。

(Mさん・50代・女性・大阪市東住吉区)